和歌山で約30年続く漢方薬局。子宝やメンタルの悩みから難病、慢性病などの改善に取り組んでいます。

江本薬局

店舗情報

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 外観 画像 写真
〒641-0014
和歌山県和歌山市毛見295-9
TEL.073-447-1725

営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜・祝日・第一月曜
※ご来店前にお電話下さいませ。

Vol.106「耳鳴り」

Q52歳女性。今年の春頃から、右耳が騒がしく「ジジジ…」とした耳鳴りで困っています。トイレの流水音や水道の音がバリバリと聞こえ、寝返りの枕の音など些細な物音にもプチプチ・ガーと反応し、とても不快です。病院での検査では耳管閉塞症かもしれないが特に異常はないと言われ、とりあえず脳の血流促進剤を出してもらいましたが一向に変わりません。少しでもこの不快な耳鳴りの音をなくしたいです。ご相談にのって頂けますでしょうか。

A.今回のご相談は「耳鳴り」ですが、この病気には様々な原因があります。一日中の「耳鳴り」ではなく、何かのおりにプチプチ、バリバリ、ガーと騒がしく聞こえるのは聴覚神経の異常興奮ですね。耳鳴りにはセミの鳴き声のような低いジージー音と金属音のようなキーン音があります。私達の耳には漢方でいう肝と腎の経絡が通っています。年齢とともに腎気(腎臓、副腎、性器、膀胱等の作用を含めた機能)が虚し、耳への栄養が不足して起こるのが慢性的に続く低いジー音です。また、突発的に起こるキーン音は肝(自律神経)の緊張で内耳から脳への聴覚神経に異常があるようです。
   さて、御相談の方は52歳女性で音も「プチプチ感、ガー、バリバリ」と強く一日中ではなく水の流れる音、ナイロン袋や紙の音、寝返り時の枕の音など何かのおりにイライラするような耳鳴りがするとのことですね。これは漢方では「肝陽上亢」とか「肝陽化風」と呼ばれ、首から上の自律神経の緊張が続いたため聴覚神経が過敏になっていると思われます。漢方薬は疎肝剤(自律神経をゆるめて気分を和らげる)を用います。
   今回の女性には抑肝散加陳皮半夏、柴胡桂枝乾姜湯、釣藤散、加味逍遥散、四逆散などを用いると症状は改善されてゆくと思います。特にこれらのお薬のうちでも、小児の夜啼きや癇癪持ちなどにもよく用いられる、神経過敏体質を改善する抑肝散加陳皮半夏が合っているでしょう。専門家の先生に御相談してみて下さい。