江本薬局
RSS

Vol.65「胃・腸ポリープ」


最近さかんにテレビなどで大腸検査の勧めを放映していますが、近年大腸がんが多く聞かれるようになってきたからでしょうか。その原因の一つがポリープです。今月はこのポリープのお話です。

一般的にポリープとは、粘膜の表面にできたイボのようなものです。胃ポリープは、胃の粘膜にできた傷やただれが治る過程で、ちょうど皮膚の傷が治るときのように、その部分が盛り上がって再生されるのとよく似ています。

大きさは1㌢以下が多いのですが、中には5㌢以上のものもあります。自覚症状はなくほとんどが良性の腫瘍で、そのまま放置しても大部分はがん化することはまずありません。しかし腸ポリープは、がん化する可能性が大きいという特徴があります。

腸ポリープは小腸にはほとんど見られず、結腸や直腸などの肛門に近い大腸にでき、最近の日本人に急激に増えています。40代以降、特に60~70代が最も多く、原因は脂肪食が中心で繊維の少ない欧米型の食生活だろうと考えられています。

気になるのが、大腸ポリープの場合、大きいものほどがん化率が高くなることです。1センチ以下だと5%ですが、4センチ以上のものは90%以上ががん化していたという調査結果があります。

ポリープは自覚症状がないので、多くは人間ドックなどの検査で偶然見つかりますが、発見されたらすぐに摘出を勧められます。その後は数カ月後に再検査、そして一年に一度の定期検査となります。

さて胃腸以外にも子宮や卵巣、鼻(鼻たけ)などにもポリープができ、摘出しても繰り返し再発する人もいます。

以前、20代の若い女性が「医大で2回目の子宮ポリープの摘出を受けるのですが、赤ちゃんがほしいので何とかポリープができない体質になれませんか?」とご相談に来られたことがありました。

ポリープは漢方では「痰・淤」と言い、血液や水分のめぐりが患部で滞っているととらえます。患部のみならず、体全体をみて桃仁、紅花、当帰、芍薬、川?などの生薬を用いて淤血(おけつ)や痰湿をよくめぐらせて、腫瘍や腫瘤(りゅう)を治したり、それらができにくい体質を目指します。ポリープなどでお悩みの方はぜひ漢方薬を試してみてください。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…下腹部のうっ血を治します。もともと子宮筋腫のために用いられてきました。女性の生理痛改善の代表薬です。

血府逐淤湯(けっぷちくおうとう)…肝腫、脾腫、子宮筋腫、卵巣のう種や脳血管障害、眼底出血、血栓性静脈炎など広く淤血体質によく用いられます。

桃紅四物湯(とうこうしもつとう)…生理異常を伴う女性の下部ポリープなどに用います。

日本食を見直して脂肪食品を控えめにし、繊維食品を多く取るように心掛けましょう。
2015-08-10 09:00:00

Vol.64「にきび・おでき」


にきびは「青春のシンボル」とか「若さの証明」などと言われているうちはよいのですが、重症になると大変です。特に若い女性の場合は深刻で、精神的、肉体的に想像する以上に苦痛を感じています。

治療を要する重症例は男性20%、女性18%ぐらいと言われています。今回は、このにきびとおできのお話です。

まず、おできは毛穴に化膿菌が侵入し、腫れて化膿したものでせつ(フルンケル)と呼ばれています。せつがいくつか集まったものが癰(アルブンケル)です。特に顔にできたものを面疔といいます。面疔はひどくなると髄膜炎や敗血症を起こすこともあり危険です。

普通、せつは1~2週間、癰は2~3週間でうみが出て自然に治りますが、化膿がひどくなると、切開することもあります。

一方、にきびは毛穴に皮脂腺の分泌物がたまって脂肪の塊になり、これににきび桿菌(かんきん)が感染して炎症を起こした状態です。

毛穴が詰まると黒い点(脂肪の塊で「面皰」という)ができて、空気を嫌うにきび菌が内側で増殖し、黄色いうみを持った膿疱ができます。顔や頭部以外には胸や背中にできることもあります。原因はおそらくホルモンの作用だろうと言われていますが、はっきりしません。現代医学でも根治は難しく、抗生物質、ビタミン剤、ステロイド軟膏などを使っても思うような効果が得られず決定的な治療法はありません。

このにきびによく似た症状が、女性のあごから首に現れることがありますが、これは生理に異常が多い生理疹です。面皰がないので、にきびと区別できます。

さて毎回言うことですが、漢方医学は病気を全身的に見て歪みを治していくので、全身症状と患部を考え合わせた処方になります。ですから、にきびの軽快と同時に冷えのぼせや、便秘、生理不順などが解消されていく例も多く見られます。証さえ合えば、にきび体質改善に漢方薬は驚くような効果を発揮します。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)…赤ら顔でのぼせ症の人に。

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)…局所が腫れて傷み、頭痛、発熱などのある時に。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)…全身のあちこちに度々おできやにきびができる体質の人に。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)…便秘がちで生理痛がつらい人に。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)…手足の裏に汗をかきやすく、にきびが化膿しやすい人に。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…体力がなく冷え性、生理不順、頭痛、めまいなどを訴える女性に。

排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)…ほとんどの化膿症に用います。膿を出し治療を早めます。

若い頃、私もにきびに悩まされ、鏡とよくにらめっこしたものです。その頃漢方薬を知っていればなぁ…。
2015-07-27 09:00:00

Vol.63「緑内障」


今回はこの緑内障のお話です。

眼球内の内圧が30~80ミリHgと、高くなって視神経が圧迫され、さまざまな目の障害が現れるのが緑内障です。

私たちの目には角膜や水晶体を潤す房水という水があり、目の隅の偶角(ぐうかく)から吸収されるしくみになっていますが、この流れが悪くなって眼圧が高くなります。

原因はよく分かっていませんが、40歳以上の人に多く発症するので老眼かなと思って放っておくと失明してしまうこともある怖い病気です。他にはぶどう膜炎や角膜炎、白内障手術の後、ステロイド剤の副作用などが知られています。

急性緑内障の場合は、眼圧が急激に高くなるので、目が強く痛んだり、白目の充血、黒目の濁り、頭痛など、症状がはっきり出ますが、慢性の場合は自覚症状がほとんどなく、視野が狭くなるのも、大変ゆっくりなのでかなり進行してからでないと気が付きません。一度狭くなった視野は元に戻せませんから、早期発見が肝心です。

目に異物感やかゆみがよくある、電灯などの明かりの周りが虹色に見える、くもりガラスを通したように見える――なども現れてくるようです。

治療法は急性緑内障では手術になりますが、慢性緑内障では点眼薬です。効果がない時は、内服薬やレーザー治療で房水を流しやすくします。しかし、なかなか完治しません。

さて、漢方医学では常に全体症状から考えて一つの疾患をとらえます。緑内障の防水の流出障害や産生過剰は水毒とみなし、白朮(びゃくじゅつ)、猪苓(ちょれい)、茯苓(ぶくりょう)、沢瀉(たくしゃ)などの生薬を用いて、組織間の水を血中に吸収、利尿し、眼圧を下げます。

また緑内障を悪化させる原因の高血圧、むくみ、便秘、肩凝り、頭痛、慢性鼻炎などの改善にも漢方薬は非常に有効です。緑内障でお悩みの方はぜひ眼科治療とともに漢方薬を併用してみてください。漢方治療で効果を発揮することが多いものです。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)…尿量が少なく、むくみ体質の人で、湿疹、じんましん、帯状疱疹、関節水腫などにも用います。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)…血圧が高く、いらいら、動悸(どうき)、のぼせ、不眠、慢性疲労などで神経が高ぶる人に。

補中益気湯合五苓散(ほちゅうえっきとうごうごれいさん)…正常眼圧(10~20ミリHg)で、安定期の体質改善に。

現代社会はパソコンなどで慢性的な眼精疲労を多くの人が感じています。「目は心の窓」と言われますが、すっきりした目でいたいですね。
2015-07-13 09:00:00

Vol.62「気管支ぜんそく」


今回は気管支ぜんそくのお話をします。

ぜんそくは細い気管支の枝にけいれんが起き、気管支壁が収縮して気道が狭くなるために、呼吸、特に吐く息が苦しくなる病気です。

秋口や梅雨どきなどの季節の変わり目や、気圧の変化などで起こりますが、空気の冷える夜中に突然発作が出やすく、数十分から数時間ヒュウヒュウ、ゼイゼイして呼吸困難となり、激しい咳で苦しみます。

気管支のけいれんと浮腫のため、息を吐くことができず酸素不足から死に至る大変怖い病気です。

原因は体質的にアレルギーであることが多くPM2・5や花粉、ほこりなどの大気汚染、かぜなどの細菌感染、食品によるアレルゲンが主な誘因となります。

現代医学での治療法はアレルゲンを特定した脱感作療法や対症療法としてのステロイドホルモンの内服、発作時の吸入療法などですが、効果は一時的で副作用は重大です。根治するのはとても困難な病気です。

さて、いにしえの医聖・ヒポクラテスが「病気を診るのではなく、病気を持っている人間を見よ」と教えられたそうですが、漢方医学は全く同じような考え方で、一つの病気を全体的な症状から判断して治療に当たります。

特にこのぜんそくは、痰(たん)が異常に発生し呼吸を妨げます。痰はもともと淡(水のこと)の流れが悪くなって水毒(水分の代謝異常)となったものです。

私たちの体の中で水分循環をつかさどっているのは肺、脾(胃腸)、腎とみなして、この三臓を温め、働きを強化し、免疫力を上げて、体質を改善しながら根治を目指します。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)…発作用の薬で、顔を真っ赤にして咳込み、顔や頭から汗をかくような時に。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)…くしゃみ、鼻水、泡粒のような痰が止まらないような時に。

越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう)…激しく咳込んで最後に吐いてしまうような時に。ぜんそくには最もよく効く処方の一つです。

蘇子降気湯(そしこうきとう)…虚弱体質で、足の冷えを訴える人のぜんそくに効果があります。

柴朴湯(さいぼくとう)…最もよく用いられるぜんそくの体質改善薬です。平素から服用していると季節の変わり目にも発作が起きなくなります。

フィギュアスケートの羽生結弦(はにゅう・ゆづる)選手は、幼い頃から小児ぜんそくで苦しまれてきたようです。すごい精神力ですね。
2015-06-08 00:00:00

Vol.61「アレルギー性結膜炎」


今回はこの結膜炎のお話です。

黒目を覆っている角膜に対して、白目部分を覆っている薄い膜を結膜といい、この部分に起こる炎症を結膜炎と言います。

原因は、花粉、かび胞子、真菌などですが、最も多いのがダニを含んだハウスダストです。特に、花粉の時期に鼻炎に伴って起きるケースがよくあります。

スギ、ヒノキ、ブタクサ、バラ、イチゴ、モモ、ウメ、キク、イネなどの花粉抗原によって目の結膜が感作(過敏反応)され、I型アレルギーからのヒスタミン遊離で、かゆみ、充血、涙目、目やになどの症状に悩まされます。

また慢性化すると、花粉のシーズンが過ぎても年中充血やかゆみが残り、患者さんにとってはとても苦痛です。

治療法はアレルギー性鼻炎と同じく、アレルゲンを少しずつ注射して体を慣らしていく減感作療法や、対症療法として抗ヒスタミン剤、ステロイド剤などの内服や点眼剤が有効ですが、なるべくステロイドの長期使用は避けたいものです。

半年以上の使用で角膜や結膜の免疫力が低下し、白内障や角膜ヘルペス、角膜真菌症などの感染病にかかってしまったという例もあります。

さて、眼科での治療が思わしくない時や、他にも全身症状が表れている時には、眼科治療と併用して漢方薬を使ってみてください。漢方では症状の緩和とともに、体を温め、血行を良くして免疫力を向上し、アレルギー体質そのものを改善していきます。

ですから同時にアレルギー性鼻炎やじんましん、食餌アレルギー、においアレルギーなども治ってしまう例も多くあります。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)…華岡青洲が考案した薬方で初期のアレルギー疾患やじんましんに用いる。また、長期に服用して体質改善を図る。

銀翹散(ぎんぎょうさん)…涙目よりも強い充血とかゆみに。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)…アレルギー性鼻炎の発症時に併発する結膜炎や涙のう炎に。他には風邪の咳嗽(がいそう)や鼻炎にも、頻用されます。

越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)…まぶたが腫れ、外見が不潔に見えるほどただれ涙や目やにが多い時に。

葛根湯(かっこんとう)…結膜炎になりかけで、肩凝りが強い時に。

1960年代までは、アレルギー患者さんは日本ではごく少数しかありませんでしたが、近年急増しています。特に子どもに多く、環境や食べ物の変化もありますが、外で遊べなくなったのも一因かなと思う時もあります。
2015-06-01 00:00:00

前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ

店舗情報

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 外観 画像 写真
〒641-0014
和歌山県和歌山市毛見295-9
TEL.073-447-1725

営業時間
AM9:00~PM7:00
定休日
日曜・祝日・第一月曜
※ご来店前にお電話下さいませ。

営業日カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
… 定休日

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 画像 写真