江本薬局
RSS

Vol.75「むくみ」


ご相談のお客さまが「昔から体がむくみやすくて、鼻炎の頃は顔まで腫れてしまいます。尿は回数が少なく汗はあまりかきません。特に朝夕、手足がむくんでだるくてツライです。何とかなりませんか」とおっしゃいます。今回はこの「むくみ」のお話です。

むくみは医学用語では浮腫と言いますが、体内に水分がたまった状態です。原因はさまざまですが、腎疾患、肝疾患、心臓疾患、老人性疾患それに更年期障害や妊娠中毒症などからも起こります。

治療法は原因となる病気の治療が第一ですが、むくみのもとである塩分と水分の制限が必要です。 軽いむくみであれば一日3~5㌘の減塩食を続けるだけで治りますが、重病のむくみは利尿剤を使用します。しかし副作用を最小限に抑えるために、服用中も塩分制限は必要です。

さて、漢方ではむくみを「水毒」と呼び、体内の水分の代謝がうまくいっていないことから起こるとされています。おおまかに2種類あり、指で押すとへこみがすぐに戻るタイプ(陽水)とすぐに元に戻らないタイプ(陰水)に分けて判断します。いつも言いますが、漢方では体全体をみてお薬を決めますので、むくみという症状と、それのもとになる病気を合わせて考え、処方されます。

例えば、月経前のむくみには血の道のめぐりをよくする当帰芍薬散、老人性のむくみには腎の血行をよくする牛車腎気丸、心疾患には木防已湯といった具合です。また民間薬としては夏のウリ科の野菜や植物はほとんどが利尿作用をもっています。キュウリ、スイカ、カラスウリなどどれもむくみには有効です。

それでは、代表的な漢方薬をご紹介します。

木防已湯(もくぼういとう)…強いむくみで尿の出が悪く、口や喉が渇く人で腎疾患や心臓疾患のむくみに。

分消湯(ぶんしょうとう)…尿の出が悪く腹水のある時に。

五苓散(ごれいさん)…下痢、嘔吐(おうと)などがあり尿の出が悪く、口が渇き汗がたくさん出やすい人のむくみに。

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)…太り気味で、多汗症、膝に水がたまりやすい人のむくみ体質に。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)…四肢が冷えやすく下肢痛、腰痛などを伴う排尿困難、頻尿、むくみに。

越婢湯(えっぴとう)…アナフィラキシーやじんましんなどで急性の炎症性の腫れやむくみに。顔面から全身に及ぶ胸水や関節内水腫にも用いる。

このお客様には体を温めて血行を促し、水分の巡りを良くする麻黄附子細辛湯を「尿を我慢しないでくださいね」と言ってお渡ししました。

さて、風邪や疲労からくるような一時的なむくみは心配ありませんが、慢性的に続くむくみは時には内に隠れた病気もあります。軽くみてはいけませんね。
2016-02-08 09:00:00

Vol.74「アレルギーⅡ」


以前にもアレルギーのことをお話ししましたが、今回は続編ということでもう一度アレルギーのお話をします。

このアレルギーという言葉自体が知られるようになったのは昭和30年ごろで、近年では10人に1人は治療を要し、病院に行くほどではない人を含めると3人に1人ぐらいあるだろうといわれています。

原因は、食生活や生活様式の変化,大気汚染、ストレスの多い生活などが影響しているものと考えられています。また、かつての3大アレルゲンだった卵、牛乳、大豆から小麦、カニ、エビ、果実など、多種多様に広がる傾向があり、症状もアナフィラキシーなど重症化しつつあります。

そもそもアレルギーはアレルゲンが体内に侵入すると、それと戦う抗体(IgE)が作られます。このIgEは、再び侵入したアレルゲンと結合し抗原抗体反応を起こします。このとき過剰にヒスタミンを放出してかゆみ、炎症が現れるのです。これが鼻炎、喘息、結膜炎、アトピー性皮膚炎、じんましん体質となります。そばで見ていると、それぞれのアレルギー症状は本当につらそうです。

現在、西洋医学での治療はアレルゲンを身の周りから取り除く,アレルゲンを少しずつ注射する減感作療法、抗ヒスタミン剤や副腎ホルモン剤などの内服や注射などです。しかし、どれも決定的な治療法とは言えないようです。

さて漢方医学では、いつも全体を考えた治療になります。

かゆみや炎症を抑える標治と同時に、特にアレルギーには附子、桂枝、乾姜(かんきょう)などの生薬を用いて体を中から温め、柴胡(さいこ)、オウゴン、芍薬(しゃくやく)などで過敏神経体質を改善していきます。アレルギー体質でお悩みの方は、ぜひ漢方薬を試してみてください。よい結果が得られるはずです。

それでは、代表的な漢方薬をご紹介します。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)…アレルギー性鼻炎や気管支喘息の代表薬でくしゃみ、鼻水を連発するような人に。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)…じんましん、湿疹を繰り返す慢性的なアレルギー体質の改善薬に。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)…老人や虚弱者で冷えやすく,抵抗力の弱い人の体質強化に。

小柴胡湯(しょうさいことう)…アレルギー体質改善の代表薬。

アレルギーの症状自体は古代エジプト時代の記録にもみられるそうです。

それほど古い病気がなぜ、現代の文明病となって現れているんでしょうかね。
2016-01-18 09:00:00

Vol.73「心臓神経症」


今回は、この不安神経症の一つである心臓神経症のお話です。心臓神経症とは、心臓には異常がないのに不安や欲求不満,自分が病気ではないかという思い込み、うつ状態などが原因になり、長期にわたって動悸や息切れ,胸の痛みなどを訴える病気で、最近は働き盛りの年齢層に増えているようです。

原因として性格上、優等生タイプの人や,内向的,神経質で不安な気持ちになりがちな人に多く、特にストレスによって心臓の働きを活発にする交換神経が刺激され、動悸や息切れが起こります。

心臓病との違いは、安静にしている時でも動悸,息切れ,胸痛が起こることです。また症状が現れると大変不安になり、その不安がもとで抑うつ状態になってさらに症状が悪化します。

現在、治療法はカウンセリング等で、病気の原因は心理的なものだから心臓そのものに障害はないことを理解させることとともに、症状を除くために抗不安薬、抗うつ剤、自律神経失調薬を使います。

ちなみに、心臓神経症の原因となるストレスとしては、家族の病気,子どもが家を去る,職を失う,新しい仕事に就く,配偶者の死などが多いようです。

さて、漢方医学では心(シン)は「血脈を主る」「神を主る」と考えています。血管と中枢神経は心が調節しているということです。ですので感情や精神の乱れは心(心臓)の乱れになり、動悸や息切れ,胸痛になって現れるとみるのです。

漢方は、脳の興奮症状である不眠,多夢,驚きやすい,動悸,不安感,焦燥感などを鎮める安心薬を用いて治していきます。副作用もほとんどなく、確かな効果が期待できます。

それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)…元気がなく、顔色悪く、時には手足がしびれるような人の不安感、不眠、多夢、動悸、発作性頻脈などの症状に。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)…いらいら、のぼせ、落ちつかない、胸部が張って苦しい、疲れやすいなどで、不安神経症、対人恐怖症、強迫神経症、気が小さいなどの心臓神経症の人に。

帰脾湯(きひとう)…疲れやすく貧血気味、軟便~水様便、健忘、頭がふらつく、ぼーっとする。眠りが浅い、息切れ、動悸を訴える心臓神経症に。

ストレス発散には、十分な睡眠や時間をかけたゆっくりした入浴、食事を楽しむなどの生活スタイルの見直しも大切ですね。
2015-12-28 09:00:00

Vol.72「女性の顔湿疹」


最近、テレビCMや広告などで一番派手なのが化粧品のように思います。女性はいつの時代も、いくつになってもお顔のことには敏感ではないでしょうか。「うわ~すごい!」とか「信じられなぁい!」とか。使用前と使用後の顔写真のあまりの違いに、あ然とさせられる時があります。

今回はこの顔にできる湿疹、シミなどの店頭相談です。「友人に聞いて来たんですが、この顔の湿疹とシミ治りませんか? 10年ぐらい前から悩んできました。病院にも通いましたが、よくなるどころか年々ひどくなってきて…」と、おっしゃいます。見ますと、目の周り、顎から耳の辺りまで炎症と湿疹が多数あって、一部はニキビのように化膿(かのう)しています。また、血ぶくれのような口内炎もよくでき、汗かきで生理不順とのことです。

さて、この生理疹は高温期に発症し、生理が始まる低温期には治まっていくものですが、慢性化するとそのまま引かなくなってしまいます。病院では抗生物質の軟膏や抗アレルギー剤の内服を出されますが、あまり効果がみられないようです。

こと女性の生理疹はホルモンの乱れが大多数です。漢方ではホルモン系は腎(副腎)に属し、その働きは肝(自律神経)がつかさどると考えています。ですので、肝・腎を補い全身の気・血・水の流れをよくし、?血や水毒を去り生理痛や生理不順を整えることを目指します。そうすると同時にむくみや頭痛、冷え性なども改善される人も多くいます。ちなみに、女性ホルモンは夜の11時~2時頃に多く分泌されるそうで、睡眠不足や長引くストレスで乱れやすくなります。

それでは、顔湿疹によく効く代表的な漢方薬をご紹介します。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…冷えのぼせ、肩凝り、頭痛、めまい、生理痛や月経異常のある、いわゆる?血体質の人に。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…体力が弱く血行が優れず、めまい、貧血、冷え性の人。妊娠中に発生したシミにも効きます。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)…赤く隆起した湿疹、かゆみに。急性、慢性両方に最もよく用いられる。

加味逍遥散(かみしょうようさん)…疲れやすく、更年期や生理時のイライラ、不眠、精神不安などの血の道症の人。

病気の性質が合えば漢方薬は驚くべき効果があります。数千年の先達の知恵と経験による漢方薬は本当に素晴らしいです。
2015-12-14 09:00:00

Vol.71「バージャー病(閉塞性血栓血管炎)」


さて今回は、特に寒くなると足に障害が出やすいバージャー病のお話です。聞き慣れない病名ですが、日本語でいいますと閉塞性血栓血管炎となります。

よく、坐骨神経痛と間違えて整骨院や整形外科などの治療を受けてもよくならず、悩んでいる方も多いようです。症状としては、マーケットなどのクーラーでよけい痛む▽足の一部がしびれ痛い▽少し歩いた後痛くなり、さすると楽になる(間結性破行)▽足が氷のように冷たい――などと訴えられます。

これらは、骨や神経ではなくて血管の炎症からの病気です。血管内空の狭窄や血流の停滞が起こり、血栓を形成し血管が閉塞してしまうのです。ですから寒くなると痛みが増し温めると楽になります。

このバージャー病は活動期と静止期を交互に繰り返し、悪化すると足先が黒化し壊死(えし)してしまうこともあります。糖尿病もこれに似ていますが、これは過剰の血糖が微小血管を詰まらせて血流を止めてしまうからです。

西洋治療法は末梢血管拡張薬、抗凝血薬、血栓溶解薬の投与になります。痛みは幾分和らぐようですが、根治に至らない人が多いようです。

さて、漢方ではどんな病気でも、いつも体全体を診てお薬を決めますが、特に今回のバージャー病には優れた効果があります。附子や乾姜、桂枝などの生薬を用いて、下肢静脈などの血管を温め?血を去り末梢循環を改善しながらしびれや痛みを治していきます。ぜひ一度、漢方薬を試してみてください。

それでは代表的な漢方薬をご紹介いたします。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅうしょうきょうとう)…足が冷えると痛み、氷のように冷たい。寒くなると痛みが増し温めると楽になる。数分歩くと痛み出し、休めてさすると楽になる。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…足が冷たくしびれて痛い、痛む所が一定している。皮膚が乾燥して筋肉が委縮している時。

当帰芍薬散合黄連解毒湯(とうきしゃくやくさんごうおうれんげどくとう)…足の腫れ、痛み、少し歩いただけで激しく痛む、皮膚の色が赤黒くなっている時。

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)…慢性化した局所の組織回復に。

年齢とともに、関節や神経、筋肉も弱くなり、歩くことが少なくなると内臓の働きも低下するといわれています。最近は平均寿命より健康寿命を重んじるようになってきました。足を鍛える心掛けが大事ですね。
2015-11-30 09:00:00

前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ

店舗情報

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 外観 画像 写真
〒641-0014
和歌山県和歌山市毛見295-9
TEL.073-447-1725

営業時間
AM9:00~PM7:00
定休日
日曜・祝日・第一月曜
※ご来店前にお電話下さいませ。

営業日カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
… 定休日

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 画像 写真