江本薬局
RSS

Vol.72「女性の顔湿疹」


最近、テレビCMや広告などで一番派手なのが化粧品のように思います。女性はいつの時代も、いくつになってもお顔のことには敏感ではないでしょうか。「うわ~すごい!」とか「信じられなぁい!」とか。使用前と使用後の顔写真のあまりの違いに、あ然とさせられる時があります。

今回はこの顔にできる湿疹、シミなどの店頭相談です。「友人に聞いて来たんですが、この顔の湿疹とシミ治りませんか? 10年ぐらい前から悩んできました。病院にも通いましたが、よくなるどころか年々ひどくなってきて…」と、おっしゃいます。見ますと、目の周り、顎から耳の辺りまで炎症と湿疹が多数あって、一部はニキビのように化膿(かのう)しています。また、血ぶくれのような口内炎もよくでき、汗かきで生理不順とのことです。

さて、この生理疹は高温期に発症し、生理が始まる低温期には治まっていくものですが、慢性化するとそのまま引かなくなってしまいます。病院では抗生物質の軟膏や抗アレルギー剤の内服を出されますが、あまり効果がみられないようです。

こと女性の生理疹はホルモンの乱れが大多数です。漢方ではホルモン系は腎(副腎)に属し、その働きは肝(自律神経)がつかさどると考えています。ですので、肝・腎を補い全身の気・血・水の流れをよくし、?血や水毒を去り生理痛や生理不順を整えることを目指します。そうすると同時にむくみや頭痛、冷え性なども改善される人も多くいます。ちなみに、女性ホルモンは夜の11時~2時頃に多く分泌されるそうで、睡眠不足や長引くストレスで乱れやすくなります。

それでは、顔湿疹によく効く代表的な漢方薬をご紹介します。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…冷えのぼせ、肩凝り、頭痛、めまい、生理痛や月経異常のある、いわゆる?血体質の人に。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…体力が弱く血行が優れず、めまい、貧血、冷え性の人。妊娠中に発生したシミにも効きます。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)…赤く隆起した湿疹、かゆみに。急性、慢性両方に最もよく用いられる。

加味逍遥散(かみしょうようさん)…疲れやすく、更年期や生理時のイライラ、不眠、精神不安などの血の道症の人。

病気の性質が合えば漢方薬は驚くべき効果があります。数千年の先達の知恵と経験による漢方薬は本当に素晴らしいです。
2015-12-14 09:00:00

Vol.71「バージャー病(閉塞性血栓血管炎)」


さて今回は、特に寒くなると足に障害が出やすいバージャー病のお話です。聞き慣れない病名ですが、日本語でいいますと閉塞性血栓血管炎となります。

よく、坐骨神経痛と間違えて整骨院や整形外科などの治療を受けてもよくならず、悩んでいる方も多いようです。症状としては、マーケットなどのクーラーでよけい痛む▽足の一部がしびれ痛い▽少し歩いた後痛くなり、さすると楽になる(間結性破行)▽足が氷のように冷たい――などと訴えられます。

これらは、骨や神経ではなくて血管の炎症からの病気です。血管内空の狭窄や血流の停滞が起こり、血栓を形成し血管が閉塞してしまうのです。ですから寒くなると痛みが増し温めると楽になります。

このバージャー病は活動期と静止期を交互に繰り返し、悪化すると足先が黒化し壊死(えし)してしまうこともあります。糖尿病もこれに似ていますが、これは過剰の血糖が微小血管を詰まらせて血流を止めてしまうからです。

西洋治療法は末梢血管拡張薬、抗凝血薬、血栓溶解薬の投与になります。痛みは幾分和らぐようですが、根治に至らない人が多いようです。

さて、漢方ではどんな病気でも、いつも体全体を診てお薬を決めますが、特に今回のバージャー病には優れた効果があります。附子や乾姜、桂枝などの生薬を用いて、下肢静脈などの血管を温め?血を去り末梢循環を改善しながらしびれや痛みを治していきます。ぜひ一度、漢方薬を試してみてください。

それでは代表的な漢方薬をご紹介いたします。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅうしょうきょうとう)…足が冷えると痛み、氷のように冷たい。寒くなると痛みが増し温めると楽になる。数分歩くと痛み出し、休めてさすると楽になる。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…足が冷たくしびれて痛い、痛む所が一定している。皮膚が乾燥して筋肉が委縮している時。

当帰芍薬散合黄連解毒湯(とうきしゃくやくさんごうおうれんげどくとう)…足の腫れ、痛み、少し歩いただけで激しく痛む、皮膚の色が赤黒くなっている時。

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)…慢性化した局所の組織回復に。

年齢とともに、関節や神経、筋肉も弱くなり、歩くことが少なくなると内臓の働きも低下するといわれています。最近は平均寿命より健康寿命を重んじるようになってきました。足を鍛える心掛けが大事ですね。
2015-11-30 09:00:00

Vol.70「糸球体腎炎」


今回はこの腎炎のお話をします。

私たちの腎臓は皮質と髄質に分かれます。この皮質にあるたくさんの糸球体は血液をろ過し、一日に約150㍑の尿をつくりますがその99%が尿細管から再吸収され、全身をめぐる津液となります。この糸球体に炎症が起こると血尿やタンパク尿、むくみ、高血圧などの異常が生じます。

これが糸球体腎炎で、一般的に腎炎と呼ばれています。またネフローゼ症候群と言われるのは、腎炎のため多量のたんぱくが尿中に出てしまい血中たんぱくが欠乏するので、むくみなど他のいろいろな病気を併発した状態です。

発症して1年以内に治るものを急性腎炎と言います。4~6歳の小児によく発症し、年齢が高くなるにつれ、かかりにくくなります。 

これに対し、慢性腎炎は急性腎炎からの発症と、原因がはっきりしないまま進行してしまう場合とがあり、血尿やたんぱく尿以外には自覚症状のない潜在期、尿の異常に加えて高血圧やむくみが現れる進行期、腎臓の機能が正常の半分以下になり、貧血や頭痛、吐き気などが現れる腎不全期、さらには尿毒症へと進みます。

他には糸球体の中に血清たんぱくが沈着するIgA(免疫グロブリンA)腎症や、最近非常に多くなっている糖尿性腎症(糖尿のため糸球体が硬化して腎炎になる)があります。治療法はいずれも食事療法が中心で、塩分やたんぱく質を制限します。

さて、漢方では血中クレアチニンやBUN(尿素窒素)を排出するために水毒をさばくことを第一とします。また慢性期には体全体の気、血、水が滞らないように血行促進を中心に考え、体を温める薬方を用います。腎臓への血行をよくするのです。それでは代表的な漢方薬をご紹介しましょう。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)…急性腎炎のむくみに五苓散、猪苓湯などと併用します。

柴苓湯(さいれいとう)…初期から中期の慢性腎炎に用います。

附子人参湯合五苓散(ぶしにんじんとうごうごれいさん)…強い冷えを伴う後期の慢性腎炎に、腎の陽気を補う目的で用います。

分消湯(ぶんしょうとう)…むくみが強い急性腎炎によく効きます。他の頑固なむくみにも有効です。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)…慢性腎炎で体力がなく疲れやすい時に。

慢性腎炎は非常に難しい病気で保存療法が中心ですが、漢方治療によって好転することも多く、根治の例も少なくありません。病院治療に併用してみてください。
2015-11-09 09:00:00

Vol.69「顔面神経麻痺」


今回は冬に特によく発症する顔面神経麻痺についてのお話です。

急に片側の顔面筋肉の麻痺が起こるベル麻痺という病気があります。疲労が重なったときや、風や冷房などで顔が冷やされた時によく発症します。他には耳にできた帯状疱疹(たいじょうほうしん)や外傷からのウイルス性の顔面麻痺もあります。

症状としては、普通片側だけに麻痺が起こり、表情がゆるんでしまうので顔全体がゆがみ、額にはしわがよらなくなってしまいます。

口の片方が下がって閉じられなくなるので、食べ物やよだれなど口の中のものが出てしまいます。

また、まぶたも完全に閉じることができず白目が見える状態になり、そのため角膜が傷つきやすくなるので注意しなければなりません。この冷えて起こるベル麻痺は発病してから2~3日に一番ひどい症状が現れ、その後数週間で自然に治ってしまうか、後遺症が残るかだいたいの見通しがつきます。

現代医学では、急性期の治療にステロイド剤やビタミン剤の内服、神経ブロック注などを用い、回復期にはマッサージや電気治療を施します。マッサージは朝夕、30分~1時間、目の周りやおでこの筋肉を手で円を描くように回します。

また、麻痺している口角を引っ張り上げるようにするのも効果的です。大事なことは、絶対に後遺症を残さないようにすることです。

さて、漢方では昔から顔面麻痺の治療薬がたくさんあります。この寒性のベル麻痺や熱性のウイルス性麻痺は発症後、3カ月以内であればかなりの効果が期待できます。寒邪や熱邪に負けないように体の免疫力を高め、特に顔面の血行を促進して、むくみやしびれを改善していきます。顔面神経麻痺を発症した時には、病院治療と併用して漢方をぜひ服用してみてください。必ず効果が得られます。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)…体力虚弱で手足が冷えやすく、特に老人や小児の免疫力の弱い人の体力回復に。顔面麻痺に用いる代表的なお薬です。

麻黄湯(まおうとう)…体表面を温めて発汗し、表皮の血行を強化して神経麻痺を改善します。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)…身体上部、特に顔面の熱性の炎症に用います。ヘルペスなどからのウイルス性顔面神経麻痺に。

桂枝茯苓丸合川弓茶調散(けいしぶくりょうがんごうせんきゅうちゃちょうさん)…回復の遅い人や、麻痺の固定した人の微小循環を改善し、神経障害の回復を図ります。

体が冷えることは万病のもとです。どんな病も体を温めることが大切ですね。
2015-10-19 09:00:00

Vol.68「老人性皮膚掻痒症」


今回は寒くなると増えてくる皮膚のかゆみについてのお話です。

皮膚に病気も発疹もないのにカサカサして、どことなく体がかゆくなることがありますね。これを皮膚掻痒症といい、高齢者に大変多く見られます。

内臓の病気やホルモン異常として現れることがありますが、ほとんどが皮膚の老化が原因です。皮膚の表面には脂肪膜があって細菌や刺激から皮膚を守っています。

脂肪膜は汗腺からの汗と皮脂腺からの皮脂が混じったもので、老化や慢性の皮膚病によってこの分泌が衰えると脂肪膜も少なくなります。 結果、外からの刺激に防御できなくなり、軽い刺激でもかゆみを感じやすくなります。

特に汗や皮脂の分泌が減る冬は症状が強くなり、これといった治療法はありませんが、入浴時にゴシゴシこすらない、温泉は硫黄泉を避け、単純泉やアルカリ泉にする、入浴後に椿油などの植物油を塗るなど、皮脂分を落とさないで補うことを心掛けるようにします。それでもかゆい時には、尿素入りの軟膏がいいでしょう。

また、昔から子どもの顔に現れる「はたけ」や、成人にも見られる白はん病(しろなまず)なども原因は不明ですが、メラニン色素をつくる細胞の働きが弱いことと同時に皮脂の少ない人に現れやすい傾向があります。

他には非常にかゆみの強いアトピー性皮膚炎や、アレルギー過敏性皮膚炎の人の皮膚もカサカサしてあまり潤いがありません。

さて、私たちの皮膚は約2~3キロあり、体の中で一番大きな器官です。外部からの細菌やウイルスなどの侵入を防ぎ、発汗して体温を調節したり、解毒したりして体を守っています。

漢方では、この働き者の皮膚が病気になった原因を考え、皮膚への血行を促進するように体質を改善していきます。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

温清飲(うんせいいん)…慢性に経過した頑固な皮膚粘膜の炎症に用います。皮膚掻痒症などの長引く皮膚炎に。

当帰飲子(とうきいんし)…カサカサしたつやのない皮膚炎、特に小児や高齢者、貧血気味の人に。

小柴胡湯(しょうさいことう)…神経性過敏性皮膚炎の体質改善に長期に服用します。

八味地黄丸(はちみじおうがん)…老人性皮膚掻痒症の代表薬で、下半身がよく冷えるような人に。

加味逍遥散(かみしょうようさん)…イライラして神経が高ぶりやすい人の皮膚掻痒症のかゆみに。

昔から皮膚は内臓の鏡といわれます。つやのある顔色の良い人は健康的ですね。
2015-09-28 09:00:00

前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ

店舗情報

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 外観 画像 写真
〒641-0014
和歌山県和歌山市毛見295-9
TEL.073-447-1725

営業時間
AM9:00~PM7:00
定休日
日曜・祝日・第一月曜
※ご来店前にお電話下さいませ。

営業日カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
… 定休日

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 画像 写真