江本薬局
RSS

Vol.35「高脂血症」


先日、「私毎日歩いているのに中性脂肪とコレステロールが高くって…」と中年女性。最近このようなご相談が多くなりました。
今回は、この高脂血症についてお話します。

私たちの体には血液中に必要な脂質類が溶け込み、ホルモン合成や細胞膜、エネルギーの補助、皮膚のつやなどの生命活動に大切な働きをしていますが、これらの脂質類が異常に多く含まれていることを高脂血症といいます。原因は油こいもの、糖質、ごはん、パン、ジュース類、菓子類などの過食、年齢、お酒の飲みすぎ、ストレス、運動不足による代謝の弱りなどが多いようです。

さて、高脂血症はなぜ悪いのでしょうか? まず血液中の脂肪質による動脈硬化。また血小板を凝集してしまう内因性凝固(血小板のかたまりによる血栓)。さらには血液粘度の上昇による高血圧症、心筋梗塞、脳溢血、などといった命に係る成人病になってしまうからです。

治療法は食事療法と運動です。肉類、高カロリーなものは控えめにして、魚介類、野菜類を中心にし、揚げ物や炒め物には必ず新鮮な油を使うようにします。この高脂血症の改善でよく知られるようになったのがEPA(エイコサペンタエン)です。サバやイワシなどの青物の魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸で、一時期健康食品として大ブームになりましたね。またビタミンEα―トコフェロールも善玉、悪玉コレステロールを調整し、血小板凝集抑制作用があることが知られています。最近では肝臓の働きを調節して、コレステロールの合成を抑える新薬も開発されています。

漢方医学では、高脂血症改善には、体の血行を促進し血液中の老廃物を代謝排出することで、同時に高血圧、心筋梗塞、脳溢血などにならない体質づくりを目指します。体質改善が進むと肥満が解消されてくる人も大勢います。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

大柴胡湯(だいさいことう)…高血圧や肥満に伴う肩こり、頭痛、便秘等があり、動脈硬化や脳梗塞の予防、治療に。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)…腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちで脂肪ぶとり、むくみ、のぼせに。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…他の漢方薬の補助として、血液をきれいにして血流を良くするために。

田七人参(でんしちにんじん)…体液のよごれをきれいにします。

昔の人には「高脂血症」なる病気はありません。このストレス、飽食の時代、口においしいものばかりではなく、体が喜ぶ食事を心掛けましょうね。
2014-12-01 00:00:00

Vol.34「手湿疹」


さて今回は、意外と知られていない手湿疹についてお話します。女性に多い主婦湿疹もこの手湿疹の一種です。症状は手の甲、指の背面、側面に赤み、丘疹が現れ、かゆくて皮膚をかきむしってしまうほどです。よく見ると皮膚の表面近くに小さい水疹が無数にできています。どうやらこれがかゆみの原因のようです。夜になると特にかゆみが増します。進行すると指の腹面や手のひらがカサカサになって乾燥し、部分的にひび割れを起こして痛み、進行性指掌角及症になっていきます。この手湿疹はなかなか完治しないので、何年も苦しんでいる人もたくさんいます。

原因もはっきりと分かっていませんが、水仕事や洗剤をよく使う職業の人、アトピーやアレルギーで体質的に皮膚の免疫力が弱い人、ゴム手袋や紙、ビニール製品を扱う人などに多く発症しています。先日も手湿疹で来局された方のお仕事が一日中ゴム手袋をしての作業でした。治療法は、皮膚科ではほとんどがステロイドホルモン剤や保湿剤、抗ヒスタミン剤の飲み薬です。しかし毎日のステロイドの使用により一時的にかゆみはましになっても、ますます皮膚は黒ずんで薄くなりもろくなっていきます。東洋漢方では2~3カ月を目安としてかゆみを軽くし、炎症をしずめる対症療法と併行して皮膚の血液循環をよくし、体質改善をすすめていきます。それでは代表的な漢方薬を紹介します。

十味敗毒散(じゅうみはいどくさん)…手湿疹の一般的症状に用います。慢性化した時にも効果があります。

四物湯合苡仁(しもつとうごうよくいにん)…普段から貧血気味で手足の冷える人、肌は色つやが悪く乾燥してカサカサしているような時に。

湿清飲(うんせいいん)…手のひらに熱感発赤、充血がある時。

消風散(しょうふうさん)…幹部が湿疹化し皮膚が丘疹傾向を呈し、湿潤、はれ、かゆみがはなはだしい時によく効きます。

紫雲膏(しうんこう)…手湿疹の外用軟骨に用いて大変効果があります。これ以外にもひび、あかぎれ、あせも、ただれ、やけど、痔核の疼痛にも効果を発揮します。

民間薬としてはクマ笹エキスの内服と塗布をおすすめします。

手湿疹は何といっても予防が大切です。水仕事の時は、木綿の手袋の上にゴム手袋を有用する、洗剤は薄めて使用し、最後によく洗い流す、夜はクリームや軟膏などで皮膚の表面の脂肪膜を補給するなどを習慣づけましょう。
2014-11-24 00:00:00

Vol.33「多汗症」


今回は多汗症のお話をします。

多汗症とは、体温上昇や気持ちの持ち方、生活環境とは関係なく汗が過剰に出る状態で、汗かきとは違うはっきりとした病気です。遺伝子による先天性多汗症と、慢性病や更年期などで発生する後天性多汗症に分けられています。また全身性多汗症と手、足、脇の下、頭部によく発生する局所性多汗症があり、ご相談が多いのがこの局所性多汗症です。いずれも体温上昇やわずかな交感神経の刺激で、滴が滴り落ちるほど汗をかきます。特に手のひらや脇の過剰な汗は、書類や衣服にシミを生じさせたり相手に不快感を与えるなど、多大な社会的苦痛を感じている人が多いものです。現在、日本人で多汗症に悩む人が500万人以上、中でも耐え難い苦痛を感じるという人が80万人以上と推定されています。

治療法は、今までは塩化アルミニウム液の外用、手足に限り交感神経ブロック(副作用として代償性発汗になることがある)、脇は形成手術などですが近年、それぞれの部位に働く交感神経を切除し、発汗作用を抑える手術も行われています。しかし、やはりその部位以外の他の部分の発汗が増加する代償性発汗を伴うようです。また、交感神経の部分切除による副作用も心配です。

さて、漢方医学でも多汗症はやはり、肝気(自律神経)の乱れととらえます。同時に体質素因と合わせて体全体を治していきます。経験的にみて多汗症の人は疲れやすい体質で神経の細い人に多いようです。漢方薬を飲んで病気が根治しなくても、人によっては症状が軽くなっていきます。それでは、代表的な漢方薬をご紹介します。

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)…疲れやすく汗のかきやすい人の肥満、むくみ、多汗症に。

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)…虚弱体質で疲れやすく少し動くと汗が出る、感冒にかかりやすく治りにくいような人に。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)…胃腸が弱く慢性的な疲労感があり、四肢がだるく立ちくらみや息切れなどある人の多汗症に。

加味逍遙散(かみしょうようさん)…イライラ、怒りっぽい、目が疲れる、眠りが浅いなどの更年期障害や血の道症の人に。

この他にもその人の体質に合わせた漢方薬がいろいろとあります。ちなみに欧米人は日本人に比べて汗をかくのが半分ぐらいらしいですよ。大汗かきの私にはうらやましい限りです
2014-11-17 00:00:00

Vol.32「貧血症」


 今回は貧血症についてお話します。一口に貧血と言ってもその原因はさまざまです。

①輸血が必要な出血性貧血②ビタミンB12あるいは葉酸不足の悪性貧血③赤血球の寿命(約120日)が短くなって早く壊れてしまう溶血性貧血④骨髄での造血能力が低下して起こる再生不良性貧血⑤慢性腎不全やがん、膠原病、妊娠などの症状として起こる二次性貧血⑥鉄の不足で赤血球が薄く小さくなって起こる鉄欠之性貧血などに分類されています。この中で鉄欠之性貧血は女性に多く月経、妊娠、授乳等で失われる鉄分は男性の2~4倍といわれています。これらの貧血の一般的な症状としては、顔色が悪い、立ちくらみがする、どうき、息切れ、頭痛、めまい、耳鳴り、脱力感、爪が薄く割れやすいなど、多種多様です。現在の治療法は輸血、ビタミンB12、葉酸の補給、ステロイドホルモン剤、男性ホルモン剤、鉄剤の補給などになります。漢方治療では体全体をみてその働きを考え、特に胃腸からの栄養吸収を高めて貧血症の体質を改善していきます。それでは代表的な漢方薬を紹介します。

帰脾湯(きひとう)…体がだるく、疲れやすくて不眠傾向がある人に。

六君子湯(りっくんしとう)…胃アトニーや胃弱で疲れやすく昼食後などにひどく眠くなるような人に。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…血色が悪く女性の場合は月経障害があり手足の冷える人に。

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)…病後や術後の体力低下、疲労感、食欲不振、寝汗などの慢性的な虚弱体質の人に。

人参湯(にんじんとう)…顔色が悪くもともと胃腸虚弱で低血圧ぎみの人に。

このほかに貧血を治す鉄分の多い動物のレバー、プルーン、ホウレンソウ、ひじき、キクラゲ、昆布、ローヤルゼリー、ごまなどを多くとるようにしましょう。日ごろからビタミンCを十分に補給することも大切です。また食事中のお茶は控えめにします。鉄分の吸収が悪くなるからです。

民間薬として有名なのがクマ笹です。クマ笹は緑の血液と言われ葉緑素の増血作用や末梢(まっしょう)の血管を拡張して体のすみずみまで酸素を運んでくれます。またビタミンABCEや鉄分などの栄養素をたくさん含んでいるので、貧血には大変有効です。

さて貧血症について述べてきましたが、これから胃腸のこわれやすい季節です。バランスのよい食事と質のいい睡眠を心がけましょうね。
2014-11-10 00:00:00

Vol.31「歯肉炎と歯周病」


「リンゴをかじると歯ぐきから血が出ませんか?」のテレビコマーシャルを皆さんもよく耳にしたと思います。また最近は「うれたトマトのようになっている歯ぐきには…」などと、嫌なCMも流れていますね。今回はこの歯肉炎、歯周病を取り上げます。

歯周病は、歯そのものではなく歯を支えている歯槽という部分の病気です。歯槽骨はいったん壊れてしまうと再生は難しく内服治療で治すことはほとんど不可能です。慢性的に進行すると歯肉が腫れて痛み、膿や出血があり歯がぐらついて抜歯しなければならないこともあります。言うまでもなく歯科の治療が必要です。自覚症状としては①歯ブラシ時の歯ぐきからの出血②口中の粘り口臭③歯ぐきがたびたび腫れて痛む④歯と歯のすき間があき、歯並びが悪くなる⑤かたい物を食べると歯ぐきが痛む⑥あごやこめかみに疲労感や痛みがある⑦歯がぐらぐらするなどが見られ、このうち一つでも症状があれば、歯周病が進行していると言えます。

さて原因は歯の手入れ、歯石、不適当な義歯などと言われていますが、大部分は体質的な因子です。特に免疫力の低下、血液循環不良、慢性胃腸病など半病人体質の人に多く見られます。治療と予防は、何といっても歯ぐきのマッサージです。漢方では、これに加えて体質そのものを改善して体全体を強くします。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

排膿湯(はいのうとう)…歯ぐきが赤く腫れ、膿を持っている時に膿を対外に排します。

桂枝五物湯(けいしごもつとう)…歯ぐきが慢性的に赤く腫れ、痛みや軽い出血がある時、また口臭が強い時に。

甘露飲(かんろいん)…慢性的な胃腸虚弱の人で、口中に炎症を伴った歯肉炎の痛み腫れに。

加味清胃散(かみせいいさん)…歯や歯ぐきの病気の全般的に用います。

十全大補湯(じゅうぜんぼだいとう)…体力があまりなく、貧血、疲れやすい、だるいと普段から訴える人に。

民間薬としてはクマ笹エキスが素晴らしく効果があります。クマ笹エキスで歯ぐきをよくマッサージすると引き締まり色もよくなります。

昔は歯周病は年寄りの病気とされていましたが、最近は子どもに多発しています。軟らかいものばかりを好んで食べ歯ぐきが鍛えられていないからでしょう。歯は健康の源です。良い歯みがき習慣を身に付けて歯を大切にしましょうね。
2014-11-03 00:00:00

前へ 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ

店舗情報

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 外観 画像 写真
〒641-0014
和歌山県和歌山市毛見295-9
TEL.073-447-1725

営業時間
AM9:00~PM7:00
定休日
日曜・祝日・第一月曜
※ご来店前にお電話下さいませ。

営業日カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
… 定休日

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 画像 写真