江本薬局
RSS

Vol.42「躁うつ病」


先日テレビで若い人に「新型うつ病」が多くなったことが報道されていました。過保護に育てられ、心の力が弱くて、上司からのちょっとした注意に気持ちが折れて「うつ病」になってしまうそうです。さらに、引きこもりなどの心の病気も随分と問題になっています。今回はこの「躁うつ病」についてお話しします。

躁うつ病はだいたい、50歳位以上の人に多く、職場や家庭での強いストレス、子どもの自立や親しい人の死、人生の目的を見失ってしまったことなどからよく発症しています。性格的に、几帳面で完璧主義の人に多いようです。

躁状態では、気分が高揚して口数が多くなり、しゃべるのをやめようとせず興奮して夜も眠ろうとしません。感情が抑えられなくなってしまうのです。

しかし、うつ状態になると食欲や性欲もわかず疲れやすくなり、気が滅入って何もしたくなくなります。ひどくなると虚無的な気持ちになり、真剣に自殺を考えるようにもなります。

周囲の人は、励ますばかりでは、かえって逆効果だと知らなければなりません。温かく心に入り込み、うつは病気であること、必ず治ることを自覚させ、希望を持たせたり、慰めたりするような接し方が大切です。

現在、治療は対症療法で、抗うつ薬、精神安定剤、睡眠薬、食欲増進剤などが主に使われ、本人の不安感や不眠などに効果が見られますが、時間をかけてのカウンセリング療法も必要です。

東洋医学では、この心と体の両面に効く漢方が昔から多数、処方されています。ぜひ併用してみてください。それでは、代表的な漢方薬をご紹介します。

甘麦大棗湯(かんぱくたいそうとう)…理由もなく悲しんだり、怒ったりし、不眠や動悸、胃のもたれなどをよく訴える人に。最もよく用いられます。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)…神経衰弱、ヒステリー、ノイローゼ、血の道症、うつ病などで気分がふさいで、のどのつかえを訴える人に。

加味帰脾湯(かみきひとう)…貧血気味で心配事が多く、不眠、健忘症、動悸、息切れに。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)…不安感が強く、特に動悸。のぼせ、イライラ、不眠などの不安神経症、対人恐怖症、強迫神経症に。

他に、香蘇散(こうそさん)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などがあります。

昔から躁うつ病は、病気や孤独な生活などから年齢が上がるほど増える心の病とされてきましたが、最近は若い人にも多く発病するようになってきています。

体に栄養がいるように、心にも喜びや安らぎ、希望が必要です。人にも自分にも思いやる心が大切ですね。
2015-01-19 00:00:00

Vol.41「前立腺肥大症」


今回は中高年男性を悩ます前立腺肥大症についてお話しします。前立腺は栗の実ぐらいの大きさで、膀胱の出口で尿道を囲むようにあります。60歳以上で7割以上の男性に肥大が見られ、一種の老化現象とされていますが、この年齢を境にして、なぜ肥大化するのかまだよく分かっていません。

ただ、前立腺は精子が活発に運動しやすくするための精液をつくるところなので、性ホルモン分泌の衰えが原因の一つと考えられています。肥大化が進むにつれ、排尿回数が増え(特に夜間の排尿)、排尿後の尿が出きらず、残尿感や尿失禁、あるいは尿がまったく出なくなることもあります。

さらに悪化しますと、細菌の繁殖により、膀胱炎や尿路感染症が慢性化したり、腎機能の低下による尿毒症などを引き起こしてしまいます。

現在の治療法としては、女性ホルモン剤、消炎剤、血流促進剤などの内服薬で排尿を促し、残尿感などを減少させますが肥大を縮小させるお薬はありません。また進行肥大してしまった時には、手術になります。手術によって排尿が促されれば腎臓の機能も回復してきます。

さて、前立腺肥大症の人は、ぜひ漢方薬を試してみてください。漢方では昔からこの症状を「腎虚」といい、代表的な八味地黄丸で8割の人がよく治るとされています。尿路が前立腺で圧迫され、カテーテルで排尿させなければならない場合でも漢方の内服で治ってしまうこともあります。それでは代表的な漢方薬をご紹介します。

八味地黄丸(はちみじおうがん)…疲れやすく、夜何回もトイレに起き、足腰の弱りや冷えを感じ、また口のよく渇くような人に。最もよく用いられます。

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)…便秘がちで尿が出にくく下腹部に圧痛があり膀胱に痛みがある人に。

猪苓湯(ちょれいとう)…口が渇き尿の出が悪く、排尿痛や残尿感などの排尿障害のある人に。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)…尿量減少するか、逆に多尿の人で下肢痛や腰痛、しびれ、むくみなどを目標に用います。

前立腺肥大という病気は、昔から欧米人に比べて日本人には少なく、また「人生わずか50年」の時代にはあまりなかった病です。近年、寿命が延びるにつれ、多くの男性に発症するようになりました。漢方では老化による腎精の衰えと考えていますが、私を含め、世の多くの男性がいくつになっても精力的でありたいと願っているのではないでしょうか。
2015-01-12 00:00:00

Vol.40「鼻づまり、蓄膿症」


今回は、この急性鼻炎を繰り返し慢性化してしまった慢性副鼻腔炎(蓄膿症)についてお話しします。

私たちの鼻腔の周りには、左右に4対の空洞(計8個)の副鼻腔があり、ここに炎症が起きて、うみがたまる病気を蓄膿症といいます。

アレルギー性鼻炎や風邪からの鼻づまりが治り切らなかったり、目や耳などの鼻周辺組織に病気がある場合、または糖尿病などの慢性病体質などから起こることがほとんどです。体質的に鼻中隔に曲(わんきょく)があったり、副鼻腔から鼻腔への排泄障害のある人も蓄膿になりやすいといえます。

症状は、鼻づまり、粘りのある鼻汁の他に嗅覚の低下、いびき、頭重などがあり、ひどい時には膿様の分泌物が出て悪臭を放つこともあります。また集中力や根気がなくなり、仕事や勉強の能率も悪くなりがちで見た目以上につらい病気です。

さて、一般的な治療法は抗生物質やタンパク分解酵素剤などの内服や、膿を出すための洗浄が中心になりますが、あまり効果がない時は手術をします。部分的な保存的手術と、大部分取ってしまう根本的手術ですが、多くの場合再発するようです。いずれにしても一時的な治療では根治しにくい病気といえます。

漢方では、蓄膿症に対して第一に免疫力を高めて、排膿を促し、化膿しにくい体質に改善していくことで、根本治療を行います。手術を受けようかどうか迷っている時には、ぜひ一度漢方薬を試してみてください。半年か一年ぐらいの服用ですっかり治ってしまう場合が多いようです。それでは漢方薬をご紹介します。

葛根湯加川辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)…鼻づまりがひどいため頭痛、頭重をよく訴える人に。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)…手足の裏に汗をかきやすく化膿しやすい人に。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)…アレルギー体質の人の蓄膿症に。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)…特に鼻づまりがひどく息もできないような人に。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)…便秘がちで肥満体質の人で、特に鼻汁がのどに流れ落ちるような時に。

川弓茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)…鼻づまりがひどく目の周辺まで痛むような時に。

以前、慢性副鼻腔炎で嗅覚を失った方から「死ぬまで一度でいいから花の香りを感じたい」と伺ったことがありました。日頃普通に匂いを感じられることは、とてもありがたいことなんですね。
2015-01-05 00:00:00

Vol.39「更年期障害(血の道症)」


さて、今回は女性には避けて通れない更年期障害についてお話しします。この更年期障害で精神的な不安や閉経の寂しさなど、悩みを持つ女性も少なくありません。一般に女性の閉経期は50歳前後ですが、この時期に現れる体のさまざまな不快な症状が更年期障害と呼ばれています。

自律神経失調症と違って、女性ホルモンの減少によって起こります。このホルモンバランスの乱れによって自律神経の働きが異常になって引き起こされるのです。

症状は、ひどい頭痛、肩凝り、腰痛、のぼせ、動悸(どうき)、肥満、めまい、多汗、手足のしびれ、全身の倦怠(けんたい)感などの訴えが圧倒的に多く、日本では昔から「血の道症」と呼ばれています。ちなみにこれは、江戸時代の香月牛山の著した和漢薬処方集の中の「血の道煩(つらい)」という用語に由来すると言われています。

中国では「虚」「積冷」「結気」と言い、これは腎の衰え、冷え性、ストレスを意味します。いずれにしても、体の気、血液、水分などがうまく巡らなくなり、いろいろな不定愁訴が現われてくるようです。また、更年期障害は女性ホルモンが安定すると数年で治まりますが、中には何年間も体の不調に悩む人もいます。

さて治療法は、エストロゲンホルモン治療、鎮痛剤、精神安定剤などですが、長く使い続けますと、副作用が心配です。漢方では昔から「血の道症」は、得意な分野で有効な薬方がたくさんあります。それではよく効く漢方薬をご紹介します。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)…冷えのぼせ、頭痛、生理痛がある人。

加味逍遙散(かみしょうようさん)…貧血ぎみでイライラなどの神経症状が強く、突然背中が熱くなったり寒くなったりするような時に。
 
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)…いつも喉の辺りに何かつかえているようで胃腸の弱い人に。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…体力がなく冷え性で疲れやすく、むくみ、めまい、耳鳴りなどを訴える人に。

甘麦大棗湯(かんぱくたいそうとう)…疲れやすく、時に原因もなく悲しくなったりイライラするような人に。

この他民間薬として、今も昔も変わらず用いられているのがサフランです。めしべ10本ほどを熱湯で煎じて飲みます。すぐに体が温まり血行がよくなり、ほっとして楽になります。サフランは薬局などで必要な分だけ小分けしてくれます。

最近は女性更年期もさることながら、男性更年期という言葉もよく聞かれるようになりました。ストレス社会が生きる意欲を妨げてしまうんでしょうかね。
2014-12-29 00:00:00

Vol.38「帯状疱疹(ヘルペス)」


先日「先生、この痛み、どうにかなりませんか。つらくて…」と相談がありました。お話を伺いますと、ヘルペスの後遺症で顔面、頭部の神経痛が残り、痛み止めを飲んでもあまり楽にはなりません、とのことです。本当につらそうでした。

今回は、春や秋によく発症するこの帯状疱疹(たいじょうほうしん)についてお話しします。子どもの頃、水ぼうそうにかかった人も多いと思います。このウイルスは水ぶくれが治った後も、せき髄の神経にひそんでいて、過労や睡眠不足、ストレスなど、その人の免疫力が弱くなった時に、神経中の帯状疱疹ウイルスが、体の左右どちらか一方の神経にそって広がって帯状疱疹が起こります。お腹や手足にもできますが、特に顔や胸に多発し、神経痛のようなチクチクする激しい痛みと、赤発、水ぶくれが集まってできてきます。

水ぶくれは1カ月ほどで黄色くなり、かさぶたとなって皮膚は治ったように見えますが、厄介なのは、後遺症として残る神経痛です。頭や顔の痛みは特に強く高熱が出ることもあり、目の角膜にまでおよぶと、視力が低下して失明することもあります。また雨の前日や寒い日には痛みはよりいっそう強くて、患者さんは精神的にも大変つらい思いをしています。

病院の皮膚科では、血清療法や抗生物質とステロイドの入った軟膏、神経ブロックなどの対症療法を行いますが、特に老齢者の場合、後遺症として神経のつらい痛みが長年残ることが多いようです。漢方では、帯状疱疹の性質、痛みの特徴や部位を判断して、疱疹の消退、痛みの軽減を行い、後遺症を残さないように考えて薬を使い分けます。それではいつものように代表的な漢方薬をご紹介します。

葛根湯(かっこんとう)…初期のヘルペスに2時間おきぐらいに服用するとよく効きます。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)…特に顔面ヘルペスの時に。

越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)…紅暈(こううん)を伴う小水疱が帯状に群生している急性期に。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)…体を冷やしたり、特に冷たい風に当たると激しく痛む時に。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)…体力や免疫力が低下していて、疲れると神経痛が強くなる人に。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)…帯状疱疹の神経痛様疼痛に最もよく用います。三又神経痛も助間神経痛もそうですが、このヘルペス後
遺症神経痛も、やはり体をよく温め、休めて免疫力を強くすることです。

さてことしもあとわずかになりました。何かと気ぜわしい師走ですが、風邪など引かないようにしてよい年を迎えましょうね。
2014-12-22 00:00:00

前へ 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ

店舗情報

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 外観 画像 写真
〒641-0014
和歌山県和歌山市毛見295-9
TEL.073-447-1725

営業時間
AM9:00~PM7:00
定休日
日曜・祝日・第一月曜
※ご来店前にお電話下さいませ。

営業日カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
… 定休日

江本薬局 漢方 子宝 不妊症 療法 画像 写真